• 相談フォーム
  • アクセスマップ

24時間365日無料通話OK!0120-455-667

調査員ブログ

ネット恋愛も浮気調査の対象! 悩める女性は天王寺の探偵へ相談を

2016年06月09日

スマホを見る女性

最近ではSNSが普及し、見知らぬ異性と親密な関係になるというケースがしばしば見られます。そうなると、「ネット上での恋愛って浮気にならないの?」と悩んでしまう女性もいるかと思われます。ここではその疑問にお答えし、浮気調査依頼や念書の作成といった具体的な対策もご紹介します。ネット恋愛に悩まされている天王寺在住の女性は、この機会にぜひ調査依頼を出してはいかがでしょうか。


【“ネット恋愛”は浮気に当たる? 厄介なボーダーライン】

スマホを手に夫へ迫る妻

女性にとって、夫の浮気は深刻な問題です。それが「ネット上での関係」だった場合は、通常の浮気とは毛色が異なるため厄介です。まずハッキリさせなくてはならないのが、「ネット恋愛は浮気に該当するのか?」という点です。

結論からいうと、ネット上で親密にやり取りをするだけでは浮気行為には該当しません。法律上における“浮気”は“不貞行為”と呼ばれており、その不貞行為には「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」という定義付けがされています。したがって、ネット上でいくら性的なやり取りをしていたとしても、実際に肉体関係を結んでいなければその行為は浮気と見なされません。

ただし、「夫がネット上で知り合った異性と実際に会っているかもしれない」という場合は事情が違います。ネット上で知り合った相手と実際に会って肉体関係を結んでいるのであれば、それは“ネット恋愛”ではなく立派な不貞行為に当たります。疑わしい場合は、明確な証拠を掴むためにも一度探偵社へ浮気調査の依頼を出してみるのが得策です。浮気調査によって有力な証拠を押さえられれば、後々の離婚や慰謝料の請求などを有利に進めることができます。


【スマホを手放さない夫……調査で暴かれた真実】

スマホを手放さない夫

前述したとおり、ネット恋愛発であってもパートナー以外の異性と肉体関係を結べば、それは不貞行為となります。以下に、ひとつの調査事例を紹介します。

依頼者は、天王寺在住の既婚女性。「夫が急にSNSをこまめにチェックするようになり、スマホを手放さなくなった」と語ってくれました。休日も「会社とのやり取りがある」と言ってパソコンやスマホから離れようとしないので、これは怪しいと思い調査を依頼したとのこと。そこで探偵社が浮気調査に踏み込み、ターゲットの行動を監視することになりました。

調査の結果、ターゲットは別の女性とショッピングモールで落ち合い、買い物を楽しんでいました。その後はレストランに入り、日が落ちてきたところでラブホテルにチェックイン。そうした一連の様子を写真に納めて、証拠の確保がされました。依頼者の女性はこの証拠をもとにパートナーに詰めより、パートナーは「ネットで知り合った人と会っていた」と不貞行為を認めたとのこと。依頼者の女性はパートナーとの離婚、慰謝料の請求を検討しています。

ネット上だけでの関係ならまだしも、実際に相手と会って不貞行為を働くのは憤慨もの。疑わしいと思った場合は、まず探偵社への調査依頼を出してみるのが有効です。


【1人でできる“ネット恋愛”への対策】

双眼鏡で監視する女性

「もう少し慎重に様子を見たうえで浮気調査を依頼したい」そうお考えの方は、自身でできる対策でパートナーの“ネット恋愛”に向き合いましょう。たとえば、“パートナーのSNSアカウントを監視する”という方法があげられます。パートナーのSNSアカウントを把握しているのであれば、こちらも監視用のアカウントを作成してネット上での動きをチェックしていきましょう。パートナーのアカウントを監視すれば、浮気相手とのやり取りやデートの日程など、証拠として使えそうなものを発見できるかもしれません。
もちろん、監視用アカウントを作成する際はパートナーに気づかれないよう細心の注意を払うことが大切です。

また、パートナーに“念書”を書かせるのも有効です。念書とは、“後々の証拠になるよう、念のために書いておく文書”のことを指します。この念書を書かせることは、口約束ではなくきちんとした書面上で約束を交わしたことを意味します。したがって、念書はパートナーや浮気相手の不貞行為を牽制する手段として役立てることができるのです。

パートナーが浮気を認めたら、すぐこの念書を書いてもらいましょう。念書に記入する要素は、浮気相手の氏名や住所、具体的な不貞行為の内容、約束を反故にした場合の罰則、念書の作成日などがあげられます。くわえて、念書を作成した人の住所や氏名、押印なども必要です。このとき大切なことは、浮気した本人が直筆で念書を書くことです。こうすることによって、パートナーが「これは自分が書いた念書ではない」というような言い逃れをするのを防ぐことができます。

ネット恋愛による浮気は、目に見える部分が少ないだけに不安なもの。しかし、自分自身で行える対策もゼロではありません。プロの調査と合わせて、こうした対策を行っていきましょう。


【ネット発の浮気も見逃さない! 探偵社の調査】

スマホを操作する女性の手

いかがでしたか。ネット上での関係であっても、状況次第では立派な不貞行為に該当するのです。まずは、1人で悩まずに当探偵社へご相談ください。

カテゴリー:浮気・素行調査

人気コラム一覧

Sorry. No data so far.

ページの先頭へ