離婚調停を有利に進めるために必要なものとは | 大阪総合探偵社よつば探偵事務所

  • 相談フォーム
  • アクセスマップ

24時間365日無料通話OK!0120-455-667

離婚調停の知識

離婚調停を有利に運ぶために

調停では、必ず当事者から話しを聞かなければなりません。そのため、原則として当事者は出頭をしなければならないのです。場合によっては、弁護士を代理人として立てることも可能ですが、離婚成立が決定するときは必ず当事者が出頭をする必要があります。その時には弁護士と共に出頭をすることも可能です。

【年々増える調停離婚】

調停離婚数 近年、離婚の件数は増加しています。昭和25年から42年までの離婚件数は、約7万件~約8万5千件です。昭和60年になると、離婚件数は約16万5千件に増加しています。さらに、平成23年には23万5千件にもなっています。このように、離婚件数は年々増加傾向にあるのです。また、離婚件数が増えるにあたって、調停離婚を行う夫婦も多いです。調停離婚の件数は、1975年から2000年までの25年間で倍に膨れ上がっています。
調停離婚を行うには、調停を申し立てた側が出頭をしなければなりません。また、相手側が出頭を拒否した場合は、調査官が事情を調べます。相手側に正当な理由がない場合は、出頭を勧告します。勧告によって出頭しない場合は、5万円以下の罰金が科せられるのです。それでもなお出頭しない場合は、調停不成立となり、離婚の訴訟を起こすことが出来ます。

調停離婚になれば、自らの意見を主張しなければなりません。しかし、ただ自らの意見を主張するだけでなく、調査員の話しを聞きながら冷静に答えるということも必要です。そのためにも事前に弁護士と話し合いをしておきましょう。浮気が原因で調停離婚を行うことになった場合、相手側が調査していることを知らないと「浮気はしていない」と言い張ると思います。調停離婚を有利に運ぶためには、探偵に浮気調査を依頼していても相手側になるべく情報を与えないようにしましょう。

以前、「最近、主人の行動がおかしい」ということで弊社に浮気調査の依頼がありました。弊社は、奥様に「大阪への出張」と言っていた日に浮気調査を行いました。調査の結果、朝一に車で部下の家まで向かい、一緒にショッピングモールで買い物を楽しんでいることが分かりました。また、買い物の後は、ホテルで休憩をしていたのです。そこで、ホテルから出てくるところを待機して撮影し、決定的証拠を押さえました。この決定的証拠によって、調停離婚を有利に運ぶことが出来たそうです。

以下は弊社を利用したクライアント様から頂いたメールです。

○○様、お久しぶりです。

主人とは離婚調停、相手の女性とは裁判を行いました。
○月○日に一回目の調停がありました。そこでは話がまとまらなかったのですが、○月○日に行った二回目の調停では、決定的な証拠によって有利に運び、調停が成立しました。そして、現在離婚届に必要な書類を準備しています。
相手の女性とは、調停が成立した後、○月○日に一回目の裁判を行いました。相手の女性は、「主人が妻帯者であることを知らなかった」と言っていたのですが、証拠写真で主人が結婚指輪をしていたため、嘘を見破ることが出来ました。弁護士と話し合った結果、裁判を長引かせないためにも和解に応じることにしましたが、決定的な証拠によって嘘だと証明することが出来たので、とてもスッキリしています。○月○日に行われる二回目の裁判で和解をして全てを終わらせようと思っています。
決定的な証拠があったため、調停も裁判も有利に運ぶことが出来ました。全てスッキリさせることが出来たので、依頼をして本当に良かったと思っています。


上記のクライアント様の場合は、弊社に浮気調査を依頼して、その証拠を持って弁護士に依頼されました。スッキリ解決をすることが出来たのは、クライアント様がきちんと決断をすることが出来たからです。しかし、きちんと決断をするためにも、調停や裁判をスムーズ運ぶということは大切なことです。また、スムーズに運ぶためにも決定的証拠は重要なポイントとなってきます。
離婚をすることで、新しい人生を歩むことが出来ます。一度きりの大切な人生を、不利な協議離婚で別れたり、ダラダラと裁判が続いてスッキリさせることが出来なければ、大切な人生を棒に振ってしまうかもしれません。浮気の悩みや、離婚の苦痛は精神的なダメージがすごく大きく、「結婚をしなければ良かった」と思う人もいるかもしれません。しかし、きちんと解決することが出来たのであれば、これからの人生を上手く生きていくための経験の一つになったと言えるのではないでしょうか。

  • 無料相談・無料実績
  • 安心の調査料金
  • 業界ダントツの調査力
  • 高品質の調査報告
  • 万全のアフターフォロー

無料相談秘密厳守 24時間365日無料通話OK!0120-455-667 メールでのご相談はこちらから

よつば探偵事務所

住所
〒542-0082
大阪市中央区島之内1-17-12 長堀橋第25松屋町ビル6F
TEL
06-6243-6336
FAX
06-6243-6338

浮気調査や信用調査、盗聴器発見など、すべてお任せください

交通アクセス

事務所内

どんな事でもお気軽に相談を

  • 裁判資料の内偵
  • 探偵社の選び方
  • 調査の流れ
  • よくある質問
  • 調査員blog
  • 事務所内
    住所
    〒542-0082
    大阪市中央区島之内1-17-12 長堀橋第25松屋町ビル6F
    TEL
    06-6243-6336
    FAX
    06-6243-6338
  • 会社概要
  • アクセスマップ
ページの先頭へ